ヌワラエリヤ紅茶の特徴

ヌワラエリヤ紅茶の特徴

高級茶の一つであるヌワラエリア紅茶の特徴について解説しています。

 

 

ヌワラエリア紅茶の特徴

ヌワラエリア紅茶というのはスリランカの最も標高が高い場所で栽培されている、高い香りを持つセイロンティーのことです。

 

標高1800m〜2000mの高地の特殊な環境にて栽培されることでタンニンの含有量が多く、渋みが強いのが特徴です。

 

また高地のはげしい温度差は強い香りの茶葉を育てるのに向いておりその高貴な香りを好み愛飲している人が世界中にいます。

 

その香りを指して「セイロンティーのシャンパン」といわれています。

 

収穫時期

最もおいしいヌワラエリア紅茶がとれるのは1〜2月のクオリティーシーズンに摘まれる紅茶です。

 

この時期に摘まれるものは風味や香りともに最高級の品質で高値で取引されています。

 

スリランカの紅茶の歴史

スリランカはもともとイギリスの植民地でしたが、スリランカの紅茶の歴史はその植民地時代にまでさかのぼります。

 

もともとスリランカではコーヒー農園があったのですが害虫対策が不十分であったため壊滅状態になっています。

 

なのでその跡地にイギリスが紅茶農園を作ろうと考え、最も気候条件が適していたセイロン島にまで農場を広げていきました。

 

以来そこで紅茶が大規模に作られるようになり、国名がスリランカになってもセイロンティーとして輸出されています。

page top