紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶とハーブティーの違い

紅茶とハーブティーの違いをわかりやすく解説しています。

 

 

大きな違いは茶葉を使用しているかしていないか

まあ簡単に分けると茶葉を使用しているか否かで分けることができます。

 

そもそもハーブティーと紅茶では原料が全く違ってハーブティーは茶葉を利用してはいません。

 

ハーブティーというのはハーブの葉を乾燥させて、それをお茶と同じようにお湯で煮だして成分を湯に溶け込ませ飲むものをハーブティーといいます。

 

(ハーブというのは色々な植物の色々な部位を使ったものを指しています。)

 

お茶といえば茶葉の利用が我々の常識ですがハーブティーはそれを一切使わないのです。紅茶や緑茶のようにカフェインは含有していません。

 

紅茶の特徴

紅茶は茶葉を摘んだのちに発酵させて作られるものです。茶葉を利用しているわけですからカフェインが含まれます。

 

紅茶にはカメリア・シネンシスというツバキ科の木の葉を利用しています。

 

紅茶にハーブティーをブレンドしたものもありこれは当然紅茶に分類されます。

 

今日の紅茶レッスン〜紅茶のティーバッグは何回まで使える?〜

基本的にティーバッグというのはお茶の種類に関係なく1袋1杯である。1杯目で紅茶の旨味成分はほとんど抽出されてしまうからだ。

page top