紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶のウバの効果・効能

世界の三大紅茶の一つ紅茶のウバの特徴や効能について詳しく解説しています。

 

 

紅茶のウバとは

ウバというのはスリランカにて生産される紅茶のことであり、世界の三大紅茶の一つといわれているいわゆる高級茶に分類されるものです。

 

スリランカ産の紅茶であるセイロンティーの中でも最も標高が高い地域で生育されるものはハイグロンティーとして分類されます。

 

どうしてセイロンティーというのかというとスリランカの旧国名がセイロンという名前だったからです。

 

イギリスの植民地時代にたくさんの紅茶畑が作られていたため、その時の名前が今も引き継がれているというわけなんです。

 

ハイグロンティー・ミディアムグロウンティー・ロウグロウンティー

ハイグロンティー:標高1200m以上で生育された茶葉のこと。渋みが強くローズティーのような香りがある。

 

ミディアムグロウンティー:標高600〜1200メートルの茶園で生育されたものです。

 

ロウグロウンティー:低地産茶。標高600メートル以下の茶園で生育されたものです。

 

ウバの特徴

「ウバフレーバー」と称される渋みをもった深い味わいが特徴的です。スモーキーで薔薇の香りただようのもこの紅茶の特徴ですね。

 

水色は深い深紅色。カップに注いだ時に光の反射の影響で水面に金色の環がでることがあり、これは「ゴールデンリング」などと呼ばれています。

 

ウバの効果・効能

・抗菌作用
・リラックス効果
・疲労回復効果
・頭痛改善
・利尿作用

page top