紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

ティーインストラクターの難易度や合格率は?

ティーインストラクターの難易度や合格率は?

 

ティーンインストラクター資格試験の難易度や合格率はどうなのか?という疑問にお答えしています。

 

ティーンインストラクター資格とは

日本紅茶協会が主催する紅茶に関する知識と実務能力を認定するための資格試験です。試験に合格すれば講師としての活動やセミナーの開催などに役に立ちます。

 

ティーンインストラクターの難易度は?

ただしティーンインストラクター資格にはジュニア・シニア・マスターの三段階のグレードがあり、それぞれ難易度が異なります。

 

難易度順にすると

 

マスター>シニア>ジュニア

 

となりますね。マスターはこの資格の最上位の資格です。

 

ジュニアの合格率

ジュニアの資格取得には日本紅茶協会が定める33単位を取得して資格認定試験に合格する必要があります。合格率は88%と極めて高く、難易度としてはかなり低いですね。よほどのことがなければ落ちません。

 

シニアの合格率

ジュニアを取得していることと、5年以上の紅茶関連の業種の実務経験が必要です。こちらの合格率は公開されていません。

 

マスターの合格率

シニアの資格を有していることと、10年以上の実務経験が必要です。申し訳ありませんがこちらの合格率も公開されていないので不明です。

 

紅茶インストラクターと紅茶コーディネーターの違い

どちらも紅茶関連の資格ですが、紅茶コーディネーターは日本紅茶協会の資格ではありません。

 

あくまで通信教育を実施している企業が設けている資格制度のことです。

 

セミナーや講師として働く際に信用につながるのは紅茶インストラクターのほうですね。

関連ページ

紅茶の資格の種類
紅茶コーディネーターやティーコーディネーター、紅茶マイスターなど紅茶関連の資格は様々です。紅茶の人気の高まりとともに、その資格取得を目指す人も増えてきています。
ティーインストラクターの受験資格
日本紅茶協会とはどのような団体なのか。そしてこの協会が主催する資格であるティーンインストラクターとは何なのかを解説しています。
東京の紅茶教室一覧
東京にある紅茶教室の一覧と簡単な紹介です。

紅茶の効能 紅茶の種類 ティーバッグ利用法 紅茶道具 美味しい紅茶の入れ方 紅茶関連資格 紅茶ブランド イギリスの紅茶文化