紅茶のクリープダウンを防ぐ方法

紅茶のクリープダウンを防ぐ方法

紅茶のクリープダウンを防ぐ方法

 

紅茶のクリームダウン現象を防ぐ方法を解説しています。

 

 

紅茶のクリームダウン現象とは

クリームダウンというのは主に紅茶のアイスティーに起こる現象ですね。作り方によって紅茶が白く濁ってしまうような現象のことです。

 

別に体に害がでるわけでも、特別不味くなるわけでもありませんが、見た目悪くなってしまいます。

 

こういったものはお客さんに出しにくいですし、やはり紅茶というのは澄んだ綺麗な赤色の状態で飲みたいですよね。

 

クリームダウンの原因

クリームダウンが起こってしまう原因は茶葉に含まれているタンニンとカフェインが氷などで冷却されることにより結合してしまうことです。

 

残念なことに良い茶葉ほどこの現象が起きやすくなるようです。

 

クリームダウンを防ぐには

この現象を防ぐにはいくつか方法がありますので紹介します。

 

タンニンが少ない茶葉を使う

クリームダウンはタンニンとカフェインの結合で起こってしまうわけですから、タンニンが少ない茶葉を使うことがまず一つの防止策です。ダージリンやキーマンはタンニンが少ないです。

 

砂糖を投入する

紅茶に氷を入れて冷やす前に砂糖をいれるとタンニンとカフェインの結合の妨げになり、クリームダウンが起こりにくくなります。

 

水割りする

紅茶を水で割ることで元の紅茶の温度を下げてクリームダウンが起きにくくなります。味が薄くならないように濃いめの紅茶を使うようにしてください。

page top