美味しい紅茶のお湯の温度とは

美味しい紅茶のお湯の温度とは

美味しい紅茶を飲むための最適なお湯の温度とは

 

紅茶を入れる時のお湯の温度に気を使っていますか?実はお湯の温度というのは紅茶の味と香りに密接に関係しているのです。

 

 

紅茶のお湯の適温は95度

紅茶を入れる時の温度は沸騰直後の時の温度が良いといわれています。すなわち95度くらいですね。

 

わかりやすくいえば沸騰させてボコボコと泡立っているときのお湯が95度くらいですね。このボコボコが落ち着いてしまう時には大体80度くらいになります。

 

80度では茶葉がうまくジャンピングしてくれないので旨味がお湯にでにくくあまり美味しい紅茶が入れられません。

 

紅茶の香りも薄く、お湯に近い感じになってしまいます。

 

ジャンピングのポイント
紅茶をうまくジャンピングさせるためにはいかにお湯を冷やさないかが重要です。お湯が温まっていても冷えたティーポットやティーカップに入れた瞬間かなり冷えてしまいますのでこれらはあらかじめ温めておいてください。

 

お湯に使う水について

紅茶に使う水は汲みたての空気を多く含む軟水が最適です。かといってわざわざ山まで足を運ぶ必要はありません。

 

日本の水は軟水です。そして新鮮さは世界トップレベルですから、水道水をそのまま使っても全く問題ありません。

 

わざわざミネラルウォーターを使う必要もなく、味もたいして変わりませんので、手間がかからない水道水を使いましょう。

page top