紅茶の茶葉の保存方法

紅茶の茶葉の保存方法

紅茶の茶葉の最適な保存方法/冷蔵庫はNG?

 

紅茶の理想的な保存方法について解説しています。また冷蔵庫で保存することのデメリットについても解説しています。

 

 

冷蔵庫にいれても大丈夫?

一応紅茶の茶葉を冷蔵庫に入れるのはNGというのは常識になっています。

 

紅茶の茶葉を冷蔵庫にいれておいたり台所に置いておくことで消臭効果が得られるというお話はしました。【⇒紅茶の消臭効果について】

 

これは逆にいえば茶葉というのは脱臭性が高いということなので冷蔵庫にいれておくことで、中の匂いを吸収してしまいます。

 

これで紅茶の茶葉本来の香りが損なわれるばかりか、冷蔵庫から出したときに茶葉が湿ってしまうのです。

 

茶葉は常温で

茶葉の保存は温度の変化が少ない室温にて保存するようにしてください。(温度変化が多いと湿気が増えて茶葉に悪影響)

 

そして空気に触れさせないように密閉容器に入れて保存しておきましょう。

 

茶葉は湿気を吸収してしまうので、湿気の少ない場所に置くことが重要です。

 

できるだけ早く飲んでしまおう

紅茶の茶葉は上記の保存方法で長持ちしますが、やはり一度開封したものは時間がたつにつれて香りや風味は落ちて行ってしまいます。

 

開封した茶葉はできるだけ2カ月以内に使ってしまうようにしましょう。

 

そう考えたら紅茶の「まとめ買い」というのはあまりよろしくないということですね。

 

新鮮な茶葉を小分けにして買ったほうがいつまでも美味しい紅茶を飲むことができます。

page top