紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

美味しい紅茶の作り方

美味しい紅茶の作り方

 

紅茶というのはどのように作られているのでしょうか。その作り方を工程別に順番に紹介しています。

 

 

紅茶ができるまでの工程

以下は茶葉の農園から工場へ運ばれ、工場から出荷されるまでの工程となります。

 

摘採(てきさい)

いわゆる茶積みのことですね。一芯二葉または三葉が人の手で摘まれて工場へと運ばれます。

 

萎凋(いちょう)

摘採が終わったら次は生葉を萎れさせる工程である萎凋です。次の揉捻の前に葉を蒸れさせてやわらかくすることが目的です。

 

揉捻(じゅうねん)

名前からわかるとおり葉を揉むための工程です。茶の形状を整えたり、茶汁をだして空気に触れさせることが目的です。これにより酸化発酵が始まるのです。

 

玉解き・節分け

前の工程揉捻により茶葉が塊になってしまうので、これを手で解きほぐしていきます。塊になっていると次の工程で均一に発酵を進めることができないのです。

 

酸化発酵(さんかはっこう)

茶葉を発酵棚にいれて発酵させます。発酵場所の温度や湿度は常に管理されており、この工程で紅茶特有のコクや香りが強まります。

 

乾燥(かんそう)

90度の熱風により乾燥させます。この時の熱で酸化酵素の働きは停止します。そのためここで紅茶の風味が決定するのです。

 

仕上げ(しあげ)

最後に余計な茎や茶屑などを取り除いて完成となります。ここから一定期間寝かせたものが商品として売り出されることになります。

page top