紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶のティーバッグの蒸らす時間は?

紅茶のティーバッグを蒸らす最適な時間

 

ティーバッグでいれた紅茶がおいしくないという人にぜひ実践してほしい「ティーバッグでおいしく紅茶を入れるポイント」を紹介したいと思います。キーワードは「蒸らす時間」です。

 

 

カップを温めよう

まずはカップを温めることがポイントです。紅茶を入れる直前にはマグカップに1/5程度のお湯をそそぎカップ全体を温めます。この温める時間ですが、カップの外に熱さが伝わってくるまでが目安です。カップが温まればお湯は捨ててしまってもかまいません。

 

沸騰した直後のお湯を使おう

沸騰した直後のお湯(ボコボコなり始めた時)をカップに注いで、ティーバッグを入れます。

 

保湿性重視で蒸らそう

そしてカップにフタをして蒸らします。この時にフタにするのはなんでもいいですが、ティーカップの受け皿は意外と保湿性がいいのでおすすめです。マグキャップという専用のキャップも売られています。

 

蒸らす時間に注意しよう

ここが本題です。この時に蒸らす時間をどうするかで紅茶の旨味は大きく左右されます。ですが難しく考える必要はありません。蒸らす時間に関してはティーパッグのパッケージに書いてあると思われますので、それを順守するようにしてください。ただミルクティーの場合は記載されている蒸らし時間よりもちょっと長めにすることが旨味を引き出すコツです。

 

ティーバッグを取りだす時は丁寧に!

最後にティーバッグを取りだすわけですが、この時に振る必要はありません。無理に絞って色をだしたり成分を絞り出したりすれば、よけいなえぐみや雑味がでてしまいます。

page top