紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

おいしい紅茶の入れ方

おいしい紅茶の入れ方

 

美味しい紅茶の入れ方のポイントをおさえてを紹介しています。

 

茶葉に関して

先に茶葉を入れてからお湯を注ぐのが美味しくするポイントです。ジャンピングが起こり紅茶の旨味がお湯に溶けだします。

 

■ジャンピング(跳ね)とは
湯の中の茶葉が上にいったり下にいったりを繰り返す上下運動のことです。ジャンピングが起こることで茶葉の旨味成分がお湯の中に溶けだすのです。

 

茶葉の保存に関して

紅茶の茶葉の保存は常温で行うのが普通です。緑茶や玉露と違って冷蔵庫にはいれません。また茶葉を空気に触れさせないようにするのもポイントです。空気に触れると茶葉が参加して駄目になってしまいます。

 

使用する水に関して

紅茶の水には空気を多く含んでいる新鮮ね水道水(軟水)を使いましょう。お湯は沸騰直後のボコボコし始めた時のもの(95度くらい)を使用してください。沸騰のさせすぎには注意してください。湯の中の空気がぬけてジャンピングが起きにくくなってしまいます。沸騰のしすぎや、ぬるいお湯というのは紅茶の香り成分がでにくくなってしまうのです。

 

■軟水とは
軟水というのはミネラルが少なくて真水に近い水のことです。日本の水道水は軟水なので
わざわざミネラルウォーターを買う必要はありません。

 

使用するポットに関して

できれば鉄分が含まれたポットは避けてください。お湯にとけだした鉄分がタンニンと結合して香りを損ねてしまう上紅茶の色を黒っぽくしてしまいます。

 

■丸型のポットを使おう
また使用するポットの形は丸型が理想です。お湯を対流させやすく茶葉が上下運動をしやすくなるのです。

 

使用するカップに関して

基本的にどんなものを使用してもいいのですが、紅茶の色を楽しむには白色のカップを使用するのが理想的でしょう。

関連ページ

マナーにこだわりを見せよう
意外と見落としがちで、多くの人があまり気にしていないと思われる紅茶のマナーを二つ紹介しています。
紅茶を入れる手順
紅茶を入れる手順を紹介しています。美味しい紅茶を入れたい方はぜひ参考にしてください。
美味しい紅茶の作り方
紅茶というのはどのように作られているのでしょうか。その作り方を工程別に順番に紹介しています。
フーレーバーティーの作り方
自宅でできるフレーバーティーの作り方を紹介しています。
アフタヌーンティーの質を高める紅茶の入れ方
アフタヌーンティーの質を最高に高める紅茶の入れ方を紹介しています。
ダージリンの美味しい入れ方
ダージリンというのは風味がとても繊細なので、作るときにはとても気を使いますよね。豊かな香りと強いコクを最大限に生かす美味しい入れ方を紹介しています。
紅茶に合うおすすめお菓子
紅茶はお気に入りの甘いお菓子とともに楽しむのが一種の文化のようなところがありますよね。やはり緑茶にせよ紅茶にせよティータイムの時には何かしら横に一品お菓子を添えたいものです。というわけで今回は紅茶と相性が抜群のお菓子を紹介しています。
アールグレイの美味しい飲み方
アールグレイの特徴や美味しい飲み方について解説しています。
紅茶をアレンジした飲み方
紅茶はストレートで飲むのも純な香りと味を楽しめて良いですが、ひと手間加えたアレンジティーも楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は紅茶の美味しいアレンジティーを紹介しています。
美味しく飲むためのゴールデンルールとは
味にこだわりのある人は美味しい紅茶を飲むための「ゴールデンルール」を知っておいたほうがいいでしょう。今回は紅茶のゴールデンルールとは何ぞや?というお話です。
美味しい紅茶の違い・特徴
美味しい紅茶といっても人それぞれ味覚や好みが違うので、一概に定義することはできません。ですがあくまで紅茶の種類ごとに「こういった条件をそろえた紅茶ならば高品質とされる」という最低限の定義はできるのでそれについて解説していきたいと思います。
美味しい紅茶のお湯の温度は?
紅茶を入れる時のお湯の温度に気を使っていますか?実はお湯の温度というのは紅茶の味と香りに密接に関係しているのです。
茶葉の保存方法
紅茶の理想的な保存方法について解説しています。また冷蔵庫で保存することのデメリットについても解説しています。
アイスティーのクリープダウンを防ぐ方法
紅茶のクリームダウン現象を防ぐ方法を解説しています。
ティーバッグの蒸らす最適な時間
ティーバッグでいれた紅茶がおいしくないという人にぜひ実践してほしい「ティーバッグでおいしく紅茶を入れるポイント」を紹介したいと思います。キーワードは「蒸らす時間」です。
紅茶のティーバッグは何回使う?
ティーバッグは1袋で何杯まで入れられる?という疑問は結構多いと思いますが、実際限度はあるのでしょうか。

紅茶の効能 紅茶の種類 ティーバッグ利用法 紅茶道具 美味しい紅茶の入れ方 紅茶関連資格 紅茶ブランド イギリスの紅茶文化