紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

美味しい紅茶の入れ方

美味しい紅茶を入れるためにお得な情報をまとめています。

美味しい紅茶の入れ方記事一覧

美味しい紅茶の入れ方のポイントをおさえてを紹介しています。茶葉に関して先に茶葉を入れてからお湯を注ぐのが美味しくするポイントです。ジャンピングが起こり紅茶の旨味がお湯に溶けだします。■ジャンピング(跳ね)とは湯の中の茶葉が上にいったり下にいったりを繰り返す上下運動のことです。ジャンピングが起こることで茶葉の旨味成分がお湯の中に溶けだすのです。茶葉の保存に関して紅茶の茶葉の保存は常温で行うのが普通で...

意外と見落としがちで、多くの人があまり気にしていないと思われる紅茶のマナーを二つ紹介しています。テーブルと自分に距離がある場合例えばソファに座っていて、テーブルが低いような時は紅茶を飲む際にソーサーごと持ち上げて飲むのがマナーです。これをカップだけ持ち上げてしまうと、テーブルまで距離があるのでいちいち置くときに音がなってしまったり勢いでこぼれてしまったりする可能性があります。膝の少し上あたりまでソ...

紅茶を入れる手順を紹介しています。美味しい紅茶を入れたい方はぜひ参考にしてください。■用意する材料・カップ・軽量カップ・やかん・タイマー・ティースプーン・ティーポット・カップ・紅茶・茶こしSTEP1.湯を沸かす一番初めの工程ですね。やかんや電子湯沸かし器で新鮮な水を沸かしましょう。この時にわざわざミネラルウォーターなど使う必要はなく水道水で十分です。日本の水道水は軟水なので。沸かすお湯の量はポット...

紅茶というのはどのように作られているのでしょうか。その作り方を工程別に順番に紹介しています。紅茶ができるまでの工程以下は茶葉の農園から工場へ運ばれ、工場から出荷されるまでの工程となります。摘採(てきさい)いわゆる茶積みのことですね。一芯二葉または三葉が人の手で摘まれて工場へと運ばれます。萎凋(いちょう)摘採が終わったら次は生葉を萎れさせる工程である萎凋です。次の揉捻の前に葉を蒸れさせてやわらかくす...

自宅でできるフレーバーティーの作り方を紹介しています。■フレーバーティーとはベースは紅茶や緑茶ですが、香り付けとして花弁や果皮などを使用した飲料のこと。香り付けに使われるのは果皮や花弁だけではなくキャラメルやチョコなどを利用する場合もある。アップルティーやローズティーなどがフレーバーティーの一種として挙げられる。フレーバーティーの作り方フレーバーティーは専門的な機械などがなければ作れないわけではあ...

アフタヌーンティーの質を最高に高める紅茶の入れ方を紹介しています。■アフタヌーン・ティーとはアフタヌーンティーというと何か商品の名前とかブランド名を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、これはイギリス発祥の喫茶習慣のことです。紅茶とともにケーキやクッキーといったお菓子を食べる習慣のことですね。紅茶・菓子を味わいながら、社交の場を楽しみます。なので言葉の使い方としては「アフタヌ^ン・ティー」を楽しむ...

ダージリンというのは風味がとても繊細なので、作るときにはとても気を使いますよね。豊かな香りと強いコクを最大限に生かす美味しい入れ方を紹介しています。■ダージリンとはダージリンというのはインドのダージリン地方で生育される紅茶のことである。ブータンとネパールに挟まれた高原地帯において生産がおこなわれている。ダージリンの美味しい入れ方基本的にはストレートで飲むというのは前提としてありますね。ダージリンは...

紅茶はお気に入りの甘いお菓子とともに楽しむのが一種の文化のようなところがありますよね。やはり緑茶にせよ紅茶にせよティータイムの時には何かしら横に一品お菓子を添えたいものです。というわけで今回は紅茶と相性が抜群のお菓子を紹介しています。サンドウィッチお菓子ではありませんが、午後のアフタヌーンティーではよくともに食べられる王道な食べ物です。片手にサンドウィッチ、片手に紅茶を手にして楽しむことができます...

アールグレイの特徴や美味しい飲み方について解説しています。アールグレイの特徴アールグレイというのはいわゆるフレーバーティーの一種のことですね。かんきつ類であるベルガモットの香りを付加した紅茶のことです。着香の仕方は以下の2通りあります。・ベルガモットを精油にしてエッセンシャルオイルとして香り付けに利用する。・乾燥させたベルガモットを茶葉と混ぜる。香り付けにするベルガモットにはカタグロナ、フェミネロ...

紅茶はストレートで飲むのも純な香りと味を楽しめて良いですが、ひと手間加えたアレンジティーも楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は紅茶の美味しいアレンジティーを紹介しています。アップルティー紅茶の代表的なフレーバーティーですね。茶葉に干したリンゴを混ぜて煮出す方法もありますし、生のリンゴを紅茶を入れるときに入れるのでもOK!リンゴの芳醇で甘い香りが素晴らしいですね。ストロベリーティーいちごの果実で香...

味にこだわりのある人は美味しい紅茶を飲むための「ゴールデンルール」を知っておいたほうがいいでしょう。今回は紅茶のゴールデンルールとは何ぞや?というお話です。ゴールデンルールとはゴールデンルールとは簡単にいえば以下の条件を押さえて紅茶を入れることです。ポイント1.良質の茶葉を使用ポイント2.温めておくティーポットポイント3.正確な茶葉の分量ポイント4.新鮮な水を使用ポイント5.適切な蒸らし時間これら...

美味しい紅茶といっても人それぞれ味覚や好みが違うので、一概に定義することはできません。ですがあくまで紅茶の種類ごとに「こういった条件をそろえた紅茶ならば高品質とされる」という最低限の定義はできるのでそれについて解説していきたいと思います。セイロンティーの場合紅茶は栽培される環境によって生育状態が大きくかわってきます。セイロンティーの場合は夜と日中の気温差や霧が発生しやすいといった激しい気候変動化に...

紅茶を入れる時のお湯の温度に気を使っていますか?実はお湯の温度というのは紅茶の味と香りに密接に関係しているのです。紅茶のお湯の適温は95度紅茶を入れる時の温度は沸騰直後の時の温度が良いといわれています。すなわち95度くらいですね。わかりやすくいえば沸騰させてボコボコと泡立っているときのお湯が95度くらいですね。このボコボコが落ち着いてしまう時には大体80度くらいになります。80度では茶葉がうまくジ...

紅茶の理想的な保存方法について解説しています。また冷蔵庫で保存することのデメリットについても解説しています。冷蔵庫にいれても大丈夫?一応紅茶の茶葉を冷蔵庫に入れるのはNGというのは常識になっています。紅茶の茶葉を冷蔵庫にいれておいたり台所に置いておくことで消臭効果が得られるというお話はしました。【⇒紅茶の消臭効果について】これは逆にいえば茶葉というのは脱臭性が高いということなので冷蔵庫にいれておく...

紅茶のクリームダウン現象を防ぐ方法を解説しています。紅茶のクリームダウン現象とはクリームダウンというのは主に紅茶のアイスティーに起こる現象ですね。作り方によって紅茶が白く濁ってしまうような現象のことです。別に体に害がでるわけでも、特別不味くなるわけでもありませんが、見た目悪くなってしまいます。こういったものはお客さんに出しにくいですし、やはり紅茶というのは澄んだ綺麗な赤色の状態で飲みたいですよね。...

ティーバッグでいれた紅茶がおいしくないという人にぜひ実践してほしい「ティーバッグでおいしく紅茶を入れるポイント」を紹介したいと思います。キーワードは「蒸らす時間」です。カップを温めようまずはカップを温めることがポイントです。紅茶を入れる直前にはマグカップに1/5程度のお湯をそそぎカップ全体を温めます。この温める時間ですが、カップの外に熱さが伝わってくるまでが目安です。カップが温まればお湯は捨ててし...

ティーバッグは1袋で何杯まで入れられる?という疑問は結構多いと思いますが、実際限度はあるのでしょうか。ティーバッグの使いまわしは何回まで?基本ティーバッグは1袋1杯の使い切りです。何故なら1杯目で紅茶の旨味成分はほとんどでてしまっているからなんですね。でも私の経験からいえば2杯までならいける気がするんですけどね。3回目からはさすがに薄すぎてほとんどお湯って感じです。2回使う時のコツとしては1回目は...

page top