紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶のグレードの種類

clipimage_06.jpg

 

紅茶におけるグレードって何ぞや?というお話をしています。知っておけば紅茶選びの参考になります。

 

 

紅茶における「グレード」の意味とは?

紅茶においてパッケージに「FOP」「OP」「BOP」という表記されているのを見たことがあると思います。この表記はグレードといって茶葉の等級を意味しています。

 

等級といったも茶葉の品質を表しているわけではなく、あくまで茶葉の形状や大きさの違いを表しているものと思ってください。

 

茶葉はできあがったとしても製造過程で大きさに違いはでてきます。細かくなったもの、粉上になったもの、大きくなったもの・・・大きさや形状によって最適な蒸し時間というのは違うため、このまま市場に出すのは好ましくありません。

 

そのため目の粗さが異なる網によってふるいにかけて、茶葉を大きさ別に分別しているのです。

 

等級の種類

等級には以下のような種類があります。知っておくと紅茶選びの際に自分の好みに合ったものを選びやすくなるでしょう。

 

OP(Orange Pekoe)とは

最も細長い形状で、大きい茶葉のことです。オレンジの香りがするのでオレンジペコ?と思うかもしれませんがそうではありません。

 

FOP(Flowery Orange Pekoe)とは

フラワリーオレンジペコと読みます。OPよりも小ぶり気味なのが特徴ですね。花芽が多いので花の香りが強くでています。

 

FBOP(Flowery Broken Orange Pekoe)とは

フラワリー・ブロークン・オレンジペコと読みます。FOPよりやや小さめの茶葉です。「B」のBrokenというのは「細かい」という意味ととらえてください。

 

BOP(Broken Orange Pekoe)とは

ブロークン・オレンジペコと読みます。OPの茶葉が細かくなったもののことを指しています。

 

BOPF(Broken Orange Pekoe Fannings) とは

ブロークン・オレンジペコ・ファニングスと読みます。最後の頭文字Fというのはファニングス、つまりブロークンよりもさらに細かくカットされた茶葉のことです。

 

D(Dust)とは

ダストと読み、細かく粉上になった茶葉のことをいいます。

page top