紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

世界三大紅茶と呼ばれる理由

clipimage_06.jpg

 

世界の三大紅茶と呼ばれる「ダージリン」「ウバ」「キーマン」。これらがどうして最高級の三大銘柄として名をはせているのか。その理由を解説しています。

 

 

世界の三大紅茶といわれる理由

まず結論からダージリン・ウバ・キーマンが世界の三大銘柄といわれる理由を言ってしまうと、これらの紅茶は「美味しい紅茶」に必要とされる
1:味
2:香り
3:色
という3要件を満たしていることから高級品として扱われているのです。

 

そしてこういった紅茶を生産できる産地が主な生産国として世界の紅茶流通の大半を占めているのです。

 

紅茶の産出国として代表的な国はインド、スリランカ、中国ですね。日本にある紅茶の多くもここらの国からの輸入品です。

 

■インドの紅茶
世界最高級といわれるストレートティーである「ダージリン」の産出国として有名です。マスカットのような香り、薄い茶色、爽やかな口当たりが特徴です。紅茶をあまり飲まない人でも知っているような馴染みのある紅茶なのではないでしょうか。

 

■スリランカの紅茶
ティーカップに紅茶を注いだ時に水面に洗われる金色の輪がゴールデンリングと呼ばれる「ウバ」の産出国です。花の香り、オレンジに近い深い赤色、渋みのある味などが特徴です。

 

■中国の紅茶
高い発酵度数で、甘みのある味に甘い香り、かすかなスモーキーが特徴的な高級茶「キーマン」の産出国です。癖が強く好みが好き嫌いがはっきり出る紅茶です。

page top