紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶をガラスポットで作るデメリット

紅茶をガラスポットで作るデメリット

 

紅茶を入れる際にガラスのティーポットを使用するメリットデメリットについて解説しています。

 

ガラスのティーポットのデメリット

茶葉のジャンピングの様子を見たい場合はガラスのティーポットを使えば様子をよく観察できるでしょう。

 

ただガラスのティーポットの欠点としては保湿性が悪く冷めやすいというものがあります。そのため茶葉が開きにくく香りや旨味が他と比べたら若干弱くなってしまうのです。

 

ガラスのティーポットの使用目的は本来アイスティーですよね。ホットにしたいなら保湿性が高い陶磁器のものを使うことをすすめします。

 

メリオールで紅茶を入れるデメリット

メリオールで紅茶を入れるのはあまりおすすめしません。何故ならポットの中で湯が対流を起こしにくく、葉の開きが悪くなってしまうからです。

 

また最後にレバーを下げた時に茶葉が押しつぶされることで、独特のえぐみや雑味まででてきてしまいます。

 

旨味がでにくくて、雑味・えぐみが目立ってでてしまうのがメリオールのデメリットですね。

 

今日の紅茶レッスン〜紅茶関連の資格〜

紅茶関連の資格としてある「紅茶コーディネーター」という資格について解説する。紅茶コーディネーターというのは美味しい紅茶の入れ方や茶葉の選定方法、紅茶に合うお菓子の作り方など紅茶に関する幅広い見地を証明することができる資格である。

関連ページ

必要な道具一覧
紅茶の入れ方の今回は「紅茶作りに必要な道具編」ということで紅茶を入れるのに必要な道具、あったほうがいい道具を紹介したいと思います。
ポットの選び方
茶葉を蒸らし紅茶の旨味・香り・色を左右するティーポット。今回はそのティーポットの選び方を紹介しています。
メリオールで入れるデメリット
紅茶を注ぐための筒状の急須のようなもの「メリオール」。これで紅茶を入れることができますが、メリオールには致命的なデメリットがあります。

紅茶の効能 紅茶の種類 ティーバッグ利用法 紅茶道具 美味しい紅茶の入れ方 紅茶関連資格 紅茶ブランド イギリスの紅茶文化