紅茶の効能まとめ/美容・健康・ダイエット!紅茶の意外な効果とは

紅茶の入れ方 必要な道具編

紅茶作りに必要な道具一覧

 

紅茶の入れ方の今回は「紅茶作りに必要な道具編」ということで紅茶を入れるのに必要な道具、あったほうがいい道具を紹介したいと思います。

 

ティーポット

言うまでもなく茶葉を煮出すための道具ですね。ガラス・陶磁器・鉄製など色々ありますが、保湿性や紅茶の仕上がりの観点からは陶磁器が一番おすすめです。使いやすさという面ならばガラス製でメジャーがついているようなものですね。

 

ティースプーン

必ずしも必要ではないのですが、紅茶用の軽量スプーンがあれば便利ですね。あったほうが自分好みの濃さの紅茶を入れることができます。本格的に紅茶の味を楽しみたい人はぜひ。

 

タイマー

蒸らしの時間をはかるのにはタイマーがあったほうが便利ですね。紅茶の蒸らしの時間はわりと秒単位で大切だったりするのでこだわる人は持っておくべきでしょう。職場などでタイマーの音が鳴らせない場合は砂時計を使うのがおすすめです。

 

茶葉の量をはかることができる秤ですね。0.1g単位の正確さをもっているものが望ましいと思います。あまりに安いのはすぐに壊れる可能性があるので、それなりの値段のものを買ったほうがかえって安く済むかもしれません。

 

ティーストレーナー

茶こしに使うものですね。普通ティーポットには茶こしの機能がついているものですが、本格的な味を追求したい人は別売りのものを持っておくことをおすすめします。

 

ティーキャニスター

茶葉を保管するための容器のことです。紅茶の茶葉の保管容器には機密性と遮光性が重要になります。ステンレス製のキャニスターならこの条件を備えている可能性が高いですね。

関連ページ

ポットの選び方
茶葉を蒸らし紅茶の旨味・香り・色を左右するティーポット。今回はそのティーポットの選び方を紹介しています。
ガラスポットで作るデメリット
紅茶を入れる際にガラスのティーポットを使用するメリットデメリットについて解説しています。
メリオールで入れるデメリット
紅茶を注ぐための筒状の急須のようなもの「メリオール」。これで紅茶を入れることができますが、メリオールには致命的なデメリットがあります。

紅茶の効能 紅茶の種類 ティーバッグ利用法 紅茶道具 美味しい紅茶の入れ方 紅茶関連資格 紅茶ブランド イギリスの紅茶文化