そば茶による肝臓への効果は?

そば茶による肝臓への効果は?

そば茶による肝臓への効果は?

 

様々な良い効果を与えてくれるそば茶ですが、特に肝臓に良い効果を与えてくれると注目を浴びています。今回はそば茶が肝臓に与える効果について、ご紹介いたします。

 

 

1.そば茶に含まれる良質なたんぱく質

そば茶にはナイアシン、コリンというたんぱく質が含まれています。このたんぱく質は肝臓を保護し、解毒作用を促す効果があります。そのため、悪酔いをしないという効果があります。お酒好きの方におすすめの飲み物、それがそば茶です。

 

2.コリンの効能がすごい?

たんぱく質の一種のコリンですが、具体的に肝臓にどのように働きかけるのでしょうか。コリンは主に肝臓に脂肪が溜まることを防いでくれます。一方でナイアシンは肝機能を回復させる力があるそうです。

 

3.肝臓の怖い病気

肝臓は私たちに欠かせない臓器の一つです。中でも怖いのがウィルスによる肝炎です。A型、B型、C型と様々ですが、ウィルスによる肝機能障害は致命傷にもつながりかねません。そば茶には強い抗菌作用もあります。また、先に紹介したナイアシン、コリンというたんぱく質には肝臓を保護する効能もあるので、積極的に取りましょう。

 

いかがでしたか。そば茶はウィルス性肝炎から守る、脂肪肝を防ぐ効能があります。積極的に摂取しましょう。

page top