そば茶に含まれるカテキンの量と効能は?

そば茶に含まれるカテキンの量と効能は?

そば茶に含まれるカテキンの量と効能は?

 

最近、注目を浴びているお茶に含まれるカテキン。ポリフェノールの一種であるカテキンはそば茶にも含まれているのでしょうか。そこで今回はそば茶に含まれているカテキン量とカテキンがもたらす効能について、ご紹介します。

 

 

1.ポリフェノールの一種カテキン

さまざまな栄養素が含まれているそば茶ですが、残念ながらそば茶にはカテキンが含まれていません。その代わりにポリフェノールの一種のルチンが含まれています。ルチンは高血圧や心臓疾患などのほとんどの生活習慣病の予防と改善に良いとされています。

 

2.カテキンの効能

カテキンは緑茶などに多く含まれています。このカテキンには抗酸化作用と脂肪燃焼の効果が期待できます。そのため、サプリメントや青汁といった健康食品にも多く取り入れられており、人気の成分です。最近の研究ではがん予防にもつながるとされています。

 

3.カテキンの抗酸化作用は強力

カテキンの抗酸化作用はビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍ともいわれており、近年注目を浴びています。また、強い殺菌効果もあり、体内の毒素を排除し、細胞や遺伝子への損傷を防ぐとされています。

 

いかがでしたか。カテキンには強い抗酸化作用と殺菌力があります。残念ながら、そば茶にはカテキンが含まれていませんが、その代わりにルチンという強力なポリフェノールが含まれています。

page top