そば茶の種類は?

そば茶の種類は?

そば茶の種類は?

 

健康ブームに沸く日本ですが、それを支える食材の一つとして、そば茶が挙げられることがあります。また、そば茶には大きく分けて3種類あります。今回はそば茶の種類に関してご紹介いたします。

 

 

1.普通そば茶

食用としても使用され、最も使用されているのが普通そば茶です。見た目は黒っぽい色が特徴で、私たちが食べるそばは主に「甘そば」といわれる普通そばです。そば茶としても人気が高く、手軽に入手できます。西洋で使用されているそばもこちらの普通種です。
フランスの「ガレット」と呼ばれる料理はこの普通そば種を使用します。

 

2.韃靼(だったん)そば茶

普通種の100倍のルチンが含まれていることで注目されているのが韃靼そば茶です。中国やネパール、チベットといったヒマラヤ地方で恩に栽培されています。中国では漢方薬として使用もされており、食物繊維が多いことでも有名です。

 

3.宿根そば茶

最後の宿根そば茶は野生種のそばの実を使用したそば茶です。知名度は前出の2種よりも劣ります。しかし、一年草といわれ、他の2種に比べて一年中収穫できることが特徴です。主にインド北部や中国を原産としています。日本では中々お目にかかることは少ないですが、野生種だけに効能も強いイメージがあります。

 

いかがでしたか。そば茶は大きく分けて3種類あります。3種類全て試されるのもよいかもしれません。

page top