中国茶の安全性は?

中国茶の安全性は?

中国茶の安全性は?

 

私たちは中国に食材輸入を頼っていますが、消費期限切れ問題や過度な農薬付与など何かと話題になります。今回は中国茶の安全性について、ご説明いたします。

 

1.輸入の仕組みについて

日本に輸入されてくる中国茶は一体どのような審査を受けるのでしょうか。大きく分けて、3つの検査方法があるといいます。1つ目は定期的に輸入業者への指導を行う検査です。2つ目は実際に輸入されたものを無作為で抽出し、違反がないか検査するモニタリング検査です。そして3つ目は自主検査、モニタリング検査、収去検査で違反が判明した際に実施する命令検査です。日本に入ってくる輸入食品は3重の検査を実施しています。

 

2.ポジティブリスト制度

平成18年度5月から実施されているポジティブ制度があります。こちらは認定された薬品で認められた量のもの以外は原則輸入禁止とする制度です。この制度により、残留農薬の規制が一段と厳しくなりました。

 

3.中国産のお茶は安全か?

結論から言うと、私たちは中国産に依存している食材はかなり多くあります。しかし、それは日本の厳しい審査を通過しているものとなります。そのため、残留農薬など健康に著しく害を及ぼすものはないといえるでしょう。しかし、最近発覚した消費期限切れの食材などは今の検査体制を潜り抜ける可能性があります。

 

いかがでしたか。確かに中国産には疑わしい側面もありますが、日本の厳しい審査が食の安全を守っているのも事実です。

page top