中国茶のカフェイン含有量は?

中国茶のカフェイン含有量は?

中国茶のカフェイン含有量は?

 

お茶には少なからず、カフェインが含まれています。それは中国茶も例外ではありません。今回は中国茶のカフェイン含有量について、ご説明いたします。

 

 

1.カフェイン含有量が多いお茶は?

お茶100gあたりのカフェインの含有量はそれぞれどの程度なのでしょうか。

 

【日本茶】

  • 抹茶…6g
  • 煎茶…3.5g
  • 玉露…3g
  • ほうじ茶…2g

 

【中国茶】

  • 緑茶・白茶…4g
  • 紅茶…2.5g
  • 青茶・紅茶…2g

 

日本茶に比べて、中国茶の方がカフェイン量は少なめです。

 

2.濃く入れる習慣がある中国茶

日本茶に比べて、カフェイン含有量が少ない中国茶ですが、飲む際に使用する茶葉の量にも変わってきます。中国茶は日本茶に比べて、濃い目で飲みます。大体の目安では日本茶の3倍使うということなので、日本茶でいうと抹茶とあまり変わらないかもしれません。

 

3.新芽を使う中国茶はカフェイン含有量が高い

中国茶の中でも白茶は新芽を使い、高級品扱いとなります。新芽はカフェイン含有量が高い傾向があります。従って、カフェインを避けたい方は紅茶や青茶(烏龍茶)、黒茶(プーアル茶)などが良いでしょう。

 

いかがでしたか。中国茶は日本茶に比べて、カフェイン含有量が少ないですが、飲み方によっては過剰摂取になってしまいます。

page top