中国茶には資格が必要?

中国茶には資格が必要?

中国茶には資格が必要?

 

漢方薬としても活用されている中国茶ですが、世の中には中国茶に関する資格があります。なぜこのような資格が存在するのか、中国茶の特性と合わせて、中国茶の資格についてご紹介いたします。

 

 

1.中国の国家資格

中国茶の本場、中国ではなんとお茶に関する国家資格があるようです。それが茶館の従業員として適切かどうか認定する「茶芸師」、茶葉を流通させるための鑑定能力を有する人に与えられる「評茶員」、そして製茶に必要な技能を持った「茶葉加工工」です。3つとも日本でいう厚生労働省にあたる労働和社会保障部が認定しており、1〜5級まであるそうです。

 

2.民間資格の中国茶アドバイザー

中国茶に関する知識とその文化、製造方法を学び、中国茶の基本的な内容を有している方に与えられる資格です。この資格を持っていれば、中国茶のアドバイザーとしてセミナーやカルチャースクールの講師ができるそうです。

 

3.趣味の延長線上で取得される方が多い?

では中国茶の資格を持っていると何か得があるかというとそうでもなさそうです。趣味の延長線上で取得される方が多く、実際に就職活動などでのアピール材料としては認知度も高くないため、効果は薄いようです。

 

いかがでしたか。中国茶は種類も効能も幅広いのが特徴です。興味があれば、取得してみるのも良いかもしれません。

page top