中国茶は残留農薬が心配?

中国茶は残留農薬が心配?

中国茶は残留農薬が心配?

 

様々な効能がある中国茶ですが、残留農薬などの問題で中々手に付けられない方も多いのではないでしょうか。今回は中国茶と残留農薬について、ご説明いたします。

 

 

1.過去に残留農薬が問題になったことも?

今や中国という生産地なしには私たちは豊かな生活を送ることができなくなりました。1980代に中国で茶産業が復活し、近年では中国茶がブームとなり、徐々に人気が上がっていました。しかし、加熱した生産競争により、規定外の残留農薬が検出され、日本でも話題になりました。

 

2.2000年以降に規制が強化

欧米諸国でもお茶は非常に人気があるため、残留農薬に対してはさらに厳しいとされています。2000年にEUと日本は中国に対して、厳格な残留農薬基準を設け、その効果を上げています。また、中国も国家として無農薬の茶葉生産を推奨しており、より安全が徹底されるようになりました。

 

3.さらなる規制強化も実施

さらに日本向けの輸出用茶葉は検疫機関に登録された栽培基地以外は認めないという新たな規制も設けられました。そのため、日本向けに輸出される茶葉はより安全性が確保されることになりました。

 

いかがでしたか。中国産と知ると何かと敏感になる方も多いとは思いますが、あまりに神経質になりますと何も受け付けなくなります。正しい知識と情報を得ることが大切です。

page top