烏龍茶の種類は?

烏龍茶の種類は?

烏龍茶の種類は?

 

今では烏龍茶を見かけないことはないように、私たちにとって非常に身近な存在となりました。実は烏龍茶には多くの種類があることをご存知でしょうか。今回は烏龍茶の種類について、ご紹介いたします。

 

 

1.10階級の等級がある烏龍茶

本場の中国では烏龍茶には等級が定められており、「優級」、「極品」といった一般市場になかなか出回らないものも多いといいます。6級以下は粗茶とされています。また、季節による違いもあり、春茶、夏茶、暑茶、秋茶の4種類があります。

 

2.烏龍茶の種類は4種類

烏龍茶には4つの種類があります。以下に4種類の特徴をご紹介いたします。

 

鉄観音(てっかんのん)…烏龍茶全体の生産量のわずか5%の希少な烏龍茶。ふくよかな味と香りが特徴です。
黄金桂(おうごんけい)…安渓(あんけい)地区でのみ生産される少量の烏龍茶。さわやかな香りが特徴です。
水仙(すいせん)…全烏龍茶の約半分のシェアを持つ烏龍茶。甘みを含んだ味わいが特徴です。
色種(しきしゅ)…全烏龍茶の約半分のシェアを持つ烏龍茶。爽やかな香りが特徴です。

 

いかがでしたか。烏龍茶は4つの種類、等級、収穫される時期によって、味も香りも異なります。そのため、数え切れないくらいの種類があるといえるでしょう。

page top