紅茶の飲み過ぎは結石に繋がる

紅茶の飲み過ぎは結石に繋がる

ダイエットや美容、はたまた受験勉強の眠気覚ましなどに効果的だと紹介してきた紅茶ですが、飲み過ぎは尿路結石に繋がる可能性があります。今回は紅茶の飲み過ぎと結石の関係について解説していきます。

 

 

飲み過ぎで結石になる理由

結石になる理由には紅茶に含まれている以下の成分の影響です。

 

・カフェイン
・タンニン
・シュウ酸

 

この中でもシュウ酸というのは尿路結石の原因として大きいです。

 

尿路結石とは

尿路結石というのは腎臓から尿道までの尿路に結石ができてしまうことです。血尿や痛みを伴い下腹部の痛みを感じるようになります。

 

シュウ酸というのは腎臓に入るとカルシウムと結合し結石になる性質を持っています。

 

紅茶以外にもコーヒーや濃い煎茶の飲み過ぎでも同様のことが起きる可能性があるので注意してください。

 

尿路結石の治療法

比較的症状が軽度、小結石の場合は水を積極的に飲むことで自然に排石されるのをまちますが、結石が大きくなかなか輩出されず尿のたびに激痛が走るような重度の場合は積極的治療を行う必要があります。

 

具体的な治療法についてはここでは説明しませんが、内視鏡を使った破砕術、もしくは体外衝撃波を使った破砕術が現在の主な治療法です。

 

まああまりこう言われてもぱっと想像しにくいかもしれないですが、どのみち今はあまり患者さんに負担がかかるような治療はされていません。

 

昔はメスで治療していました・・・。

page top